FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリースクールでの講演~人間、北神圭朗~④


まさかまさか、このことについて4つも記事を書くことになろうとは…

一度熱くなってしまった思いはなかなか止められませんのでね!書き切ってしまいたいと思います

昨日に引き続き、フリースクールでの講演で、私が印象に残った北神さんの言葉をご紹介いたします。

出会い場9

(右の方が、フリースクール知誠館の塾長です)

その
「最澄の言葉に、『道心の中に衣食あり 衣食の中に道心なし』という言葉があります。一つの道を追求する心があれば、それを達成するのに必要な衣食住といった生活環境はおのずとついてくる。逆に言えば、衣食住だけを追い求める中に、道を追求する心は存在しないということです。私はこの言葉が好きですね」

わたくし、この最澄の言葉、この日北神さんの口から聞くまでは知らなかったのですが、「なんて素敵な言葉なんだ…!」とうち震えました。さすが最澄、真理をこんなにも簡潔な言葉にしているなんて…!やはり、現代日本語にすると文字数を多く使ってしまう内容であっても古語であればこんな少ない文字数で表せるなんて…!!ああ、やはり古語素晴らしい…!!

(注・わたくしは言葉オタクで、言葉に対する感度が非常に高く(精度の高低は不問)、いいと思った言葉に出会うと人が引くほど感激しますのでどうぞ放っておいてください。)

…感激のポイントが少し違いますね。はい。ですが、北神さんの生き様がこの言葉に表れているようにも思いました。

もちろん、道を追求する「心」だけでなく、そこから生まれる「行動」「努力」をしっかりしてこその「衣食あり」でしょうし、それを実行されている北神さんだからこそ説得力を持つ言葉でもありますよね。

(ちなみにこの言葉をおっしゃった後、「まあそれで妻には迷惑をかけているかもしれませんが」とおっしゃっていました。)


その
「捨てる神あれば拾う神あり。全身全霊をかけて取り組んでいれば、必ず誰かが見てくれています」

この言葉は、今の北神さんご自身の状況について語られた後、生徒たちに語りかけていらっしゃった言葉です。「誰かが必ず見てくれているから、『これだ』と思った道に全身全霊をかけ、情熱を持ってそれに取り組むことが大切だと思います」とおっしゃっていました。

この言葉に勇気づけられた生徒もいた模様。これまた、北神さんがおっしゃるからこそ重みを持つ言葉であると思います。


…書き切った…ッ!いかがでしたか?

ここに書いた言葉はごくごく一部ですが、北神さんらしい言葉が多く語られていたことがお分かりになるかと思います。

私自身、生徒たちの存在や質問のおかげで、普段北神さんを見ている目線とは違う目線で北神さんを見ることが出来たように思います。

また、「政治家」北神圭朗としても魅力はもとより、一人の「人間」としての北神圭朗さんの魅力が存分にあふれていた時間だったように思います。

では、長くなりましたが「フリースクールでの講演レポート」をこれにて終了いたします。

読んでくださった皆さま、ありがとうございました

田中
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。