FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタビュー⑨ ~結婚のきっかけ~


今日はあっついですね~~!

今日、8月9日のNHKの歌番組に宝塚のレビュー中継があると知った私の心は今日のお天気に勝らずとも劣らないくらい、ア・ツ・い!灼熱のオルケスタ~!といった具合にアツく燃えております(何の話や)

本日も、北神さんインタビューをお届けします。

インターンブログにいただいた質問(ありがとうございました!)を北神さんにぶつけてみました!

その質問とは、「北神さんが奥さんと結婚を決意されたきっかけは!?」

奥様をご存知の方は、奥様のツッコミ(?)が入っている様子を思い浮かべながら、顔がニマニマとにやけつつお話を読んでいただけるかと思います。

では、どうぞ~

******

(北=北神さん/夫人=北神夫人/田=田中)

田 では次に…これはインターンブログの質問募集でいただいた質問なんですけど、奥様との結婚を決意したきっかけは何ですか、という…

 結婚を決断した理由…いや~、別に…あんまりきっかけっていうのは無いよね~。大蔵省時代に付き合い出して、俺が留学に行って。留学に行ったけど妻も時々遊びに来たりしてね。それでもう30歳くらいになったんで、「まあそろそろ」…って、その程度だよね。

夫人 「その程度」ってひどいやん。

田 あはは

夫人 ねえ。いろんな人と遊んだけど、この子が一番いいって思ったんでしょ。いろいろ合コンして。ね!

 そうだなあ。…まあまあ、そういう意味では…

田 いや、私の周りで奥さんを紹介すると、「あの奥さんいいな~」って。この奥さんを奥さんにしてるっていうことが北神さんの信頼度を上げてるというか。そういう風に言ったはる人は私の周りにすごく多いので、素敵な奥様だと。

 まあ妻はね~…おもろい子やね~。変わってる子やねえ。それと、わりと俺も変わってるやん。例えば最初のデートなんかは、勝海舟の墓参りなんですよ。そんなん普通「え~」って、嫌がるやん。あるいはちょっとどう対応したらいいのか分からんとか。そういうのも自然に対応して…まあそういう所もあるよね。

******

北神さんの奥様は、本当に素敵な方です。

(このブログをご覧になっている方は私なんかが言わなくてもよくご存知だと思いますが!)

インタビューの中で私も言っておりますが、この人を奥さんに選んでいるということが北神さんのポイントを上げている!と思えるくらい、素直で、チャーミングで、人柄のいい素敵な方です。

そんな北神さんについて、またインタビューしてほしい!ということがございましたら、タナカまでお知らせください!

タナカ
スポンサーサイト

インタビュー⑧ ~日本での大学時代part4~


昨日、一昨日と、不真面目なやわらかい内容の記事が続きましたこのブログ。

今日は、このブログは「北神圭朗事務所インターンブログ」であるという本分を思い出し、北神さんの情報を発信していきたいと思います!

タイトルからお分かりになるかと思いますが、北神さんインタビューの続きをお送りします。

今日は、「学生時代に読んで衝撃を受けた本は?」という質問。

…前回更新したインタビュー記事で「驚くことはあんまり無い」とおっしゃっていたところを紹介したにも関わらず、こんな質問を掲載する、インタビュアー失格なワタクシ。(いや、実際にインタビューした順番は逆だったのでね……←言い訳)

では、どうぞ~

******

田 では、大学で日本に来て、学生時代に読んで衝撃を受けた本ってありますか?

 学生時代ねえ…『神皇正統記』という本があって、これは北畠親房っていう人が書いた本で。その本なんかは非常によく読みましたね。日本の歴史の本なんだけど、日本の歴史を独自の歴史観で書いてる。その人(北畠親房)は当然皇室の人だから、天皇を中心に歴史を書いてるんだけど、天皇に対してもすごい厳しいんですよ。人民にとって悪いことをしたりすると、そのせいで天皇の地位が落ちたとかね。そういう歴史観を持ってるんですね。

田 へえ…。

 だから単に何が何でも天皇が偉いとかね。あるいは何が何でも人民が偉いとか、何が何でも労働者が偉いとか。そういう歴史が多いんですけど、この人はわりと天皇を中心にするんだけど、人民のため、住んでる人達のためにちゃんとしないと、要は自分の地位も権力も失うというようなことを描いてるんですね。だから、源頼朝の鎌倉幕府を褒め称えたり、北条氏の政治を褒め称えたり、意外としてるんですよ。天皇達も、こんな質素な国民本位の政治をしなかったから、武家…要はボディーガード達に権力を取られてね、地位が落ちたんですよと。そういうようなことを書いてたり。政治家として何が大事かとか、そういうことも書いててね。これは非常に面白かったですね。

******

…学生時代に読んで衝撃を受けた本が『神皇正統記』だと言う、そんな北神さんに衝撃を受けます、ワタクシ。

『神皇正統記』、私は大学にいた頃、資料として目にしたり耳にしたりすることがあったのでその存在は知っているのですが、ちゃんと読んだことはありません。

岩波文庫から校注のついたものが出ていますね。よろしければ、ぜひ。(私も買いま~す)

そして!

そんな北神さんが日本の歴史をどう捉えていらっしゃるかは、北神塾第2講「国家の物語 ―なぜ政治を志したのか―」②講義録でご覧になれますので、皆様ぜひご一読ください

田中

最新機器、導入☆


もうすぐ8月になろうとしている今日この頃。

北神事務所に、新メンバーが入りました。

色が黒くって、スタイリッシュな容姿。とっても仕事が出来て、カッコよくって。でも、見た目がクールだから、ちょっぴり近寄りがたくって…ああ、いつかお近づきになりたい!!!…と思うような子。

この子です。

scansnap.jpg

その名も、「スキャンスナップ」君。

すっごく高性能な、デキル子のようです。

なんでも、名刺を読み込んでそれをデータ化してくれたり、印刷されたものを読み込んでそれもワードやエクセルのデータにしてくれたりするんだそうです。

(実は詳しくは知らない)

新入りだけど、「新入りの僕ですけど♪」と歌い出しそうにない、クールな容姿。

以前ご紹介した、北神事務所の神器たち(扇風機(せんぷ君)、蚊取り線香(せんこちゃん))に加え、スキャ男(すきゃお)とでも名付けましょうか。

でもこのスキャ男、お高くとまってそうなので「ふん、蚊取り線香や扇風機なんかと同じにするなよな」とか思いそう。

でも、古風なせんこちゃんにスキャ男はどんどん惹かれてしまい、そしてせんぷ君とスキャ男で、せんこちゃんを巡っての三角関係が始まるのです。

人物化するとこんな感じ↓

三角関係

この夏は、熱い三角関係が繰り広げられる(かもしれない)北神圭朗事務所から目が離せません!!

(…どんなブログや。すみません

田中

カレー君


もう7月の最終週に入ってしまいました…

月日が経つのは早いもので、来週はもう8月です。

そんな暑い暑い中、先日事務所の近くのお店にカレーを食べに行きました。

なんと…チバさんと2人で!!

先週の金曜日、北神さんがアメリカに出張に行っていらっしゃるということで、珍しく長い時間事務所にいらっしゃったチバさん。

お仕事中突然「田中さん、今日はご飯外に食べに行きますか?」と尋ねられたので私は「え、行きませんけど」と答えたのですが、実はランチにお誘いくださっていたのです!

全国(?)のチバさんファン(?)の皆様、申し訳ありません…。

そんなこんなでお昼にお邪魔したのが、フジヤマプリンさんというカレー屋さん。

フジヤマプリンさん

(お店の外観を撮影するのを忘れておりました

そちらで、わたくしは野菜カレーを

野菜カレー

チバさんはロコモコ丼を

ロコモコ

いただきました。

チバさんは大盛りにしていらっしゃいました。ヤセの大食い、うらやましすぎる…!

とっても美味しくいただきました!

このフジヤマプリンさん、内装がとってもおしゃれで、素敵なカフェに素敵なメニューと、とても落ち着く空間でした

帰り際にお店の方にご挨拶すると、北神さんのことを知ってくださっていたようで、それもまた嬉しかったです

事務所から歩いてすぐそこなので、フジヤマプリンさんにいらっしゃる時は、北神圭朗事務所にも遊びにいらしてください

タナカ

愛、それは…


北神事務所には、愛があふれています。

…こう書くと、何だか奇妙に聞こえてしまいますね!

しかも要注意なのが、「北神事務所が愛にあふれている」のではなく、北神事務所には、「応援してくださっている皆さんからいただいた愛があふれている」のです。

愛の形、その1。

しそ

しそ です

もうね、ちょっと葉の表面をこすったら、いいにおいがぷわ~んと香ってくるので、大変癒やされます。ちょっと眠い時とか、よくくんくんとにおいをかいでいます。そして、こすったものをお昼ごはんの素麺に少しいただいたりも…。ありがとうございます!

愛の形、その2。

おかず

おかず です

こちらは、北神事務所のビッグマザー、サワダさん(過去の記事をご参照ください)が作ってくださったものです。どれもおいしくいただきました!ありがとうございます!

ここでは紹介しきれていないものの、沢山の方からいただいた愛の形が、事務所にはあります。

いつもありがとうございます!

主に北神さんとチバさんに与えられた愛とは知りながら、そのおこぼれにあずかりぬくぬくと美味しい思いをさせていただいているタナカがお送りいたしました。

タナカ

インタビュー⑦ ~日本での大学時代part3~


さ~て。

久々に、北神さんのインタビューをお届けいたします

(前回までのものはこちらをご覧ください♪)

18歳の頃に来日された北神さん。その当時、日本に来て驚かれたことをお伺いしました。

******

(北=北神さん/田=田中)

田 では、大学に入ると同時に日本に来られて驚いたことは…?

 驚いたこと…

田 また、京都に来て驚いたことでも…でも大学から日本に来られたのなら、日本に来て驚いたことと京都に来て驚いたことはほぼイコールですよね?

 そうですね、ただ大学に入る、京都に来る前に東京でちょっと下宿して、塾に通ってたりね。そういうこともしてたので…。まあ一つ驚いたのは、当時バブル絶頂期ですよね、昭和62年とかね。だから渋谷とかああいう所に行くと、高校生とか、下手すると中学生みたいな子が酒に酔い潰れてたりね。あんまり今は無いのかな、あの時が異常だったのかもしれない。その辺に倒れてたりね。そういうのは日本のイメージとは違ってたよね。

田 なるほど。

 なんか日本のイメージってもっと真面目で、乱れてるっていうのは無かったから。だから思ってたよりも物質主義というか。すごく浮薄な世相になっていたと。

田 はい。

 京都はね、西院に住んでたんだけど。京都の地域社会というものも面白かったよね。おばちゃんなんかも、例えば50年くらい住んでても仲間に入れてもらってないとかね。そういう、アメリカのロサンゼルスには無いような現象でしたよね。非常に緊密な社会だという。京都は特に。お互い常に皆近所の人達を見てるとか。妻なんかでも、東京から来てもこんなのは無いわけですよ。「洗濯物干してたわね」なんて言われることとか。大体そんなことへの関心も無いし、アメリカ人は。

田 そんな感じします。

 でもアメリカでも、南部とかに行くと、地域社会がすごい強いわけですよ。だから決して京都だけじゃないんですよ。歴史のある所っていうのは大体そうなんですよ。ヨーロッパなんかでも。で、東京っていうのはまあ下町以外は人工的な所じゃない?皆いろんな所から集まってそこに住んでるだけだから。極端に言えば、厳密な「地域社会」なんか無いわけですよ。ただそこに居て、旦那さんは都心に朝早く仕事に行って。だから、京都に来てそういうのにびっくりしましたね。でもびっくりと言うか…俺はそんなにびっくりしないんだよね。だから衝撃で「わあ~!」とか、そういうのがあんまり無いんだよね。わりと「ああ、そんなもんなんだな」と。でも「不思議だねえ」という感じで。

******

日本に来て驚かれたことは、思っていたよりも日本の世相が浮薄だったことと、京都の「地域社会」のようですね。

でもそもそも北神さんご自身は「驚く」ということがあまり無いので、それも「ああ、そんなもんなんやな~」と受け入れられた、とのことです。

アメリカに住んではいながらも、ご両親が日本人で、日本語学校に通われて、日本の文学等にも触れていらっしゃった北神さんですら、そのように自分の中の「日本」像とのギャップを感じられるのですから、外国からいらっしゃった観光客の人が「ニンジャは!?サムライは!?どこにもいないじゃないかー!!」…となっても仕方ないな…と思いました。(大げさ?)

…北神さんをめちゃくちゃ「びっくり」させる出来事はこの世にあるのだろうか?あるとしたら、どんな出来事なのだろうか?と、新たな疑問が芽生えたインタビューでした。

タナカ

北神さんってこんな人②


本日は、久々の「北神さんってこんな人」コーナーでございます。

「え、そんなコーナーあったっけ…?」とお思いのそこのあなた!

…正しいです。

6月に一度「北神さんってこんな人①」を更新して以来、一度も更新が無かったコーナーなので、そう思われても仕方ありません。

ですが、ありがたいことにこのコーナーの存在を覚えていてくださり、なおかつ「北神さんってこんな人」エピソードを語ってくださるお優しい方がいらっしゃったので、今日は満を持して第2回、「北神さんってこんな人」をお届けしたいと思います

本日は、北神事務所元スタッフのHさん(男性)からいただいた、「北神さんってこんな人」です。

******

議員になった後、常にスタッフとして真近でみてましたが

兎に角全く表裏のない人ですね

地元の行事で北神さんを良く見かける方から「いつも私らには(北神さんが)腰が低く優しいけどホンマはどうなん?」と尋ねられましたけど
人によって態度を変えることは一切なく、正直我々スタッフにも全く変わらないですね

中々すべての方とお話していただけ無いかも知れませんが一度ゆっくり話をして頂くと彼の人柄が伝わると思います

本当に常に自然体で気取らない人
勿論そばで見ていて、やっぱり凄い能力の持ち主だと感心するところは多々有りますが・・・

例えばとんでもない記憶力で、一度お会いした方の名前や話の内容は全てメモを取らずに記憶する
後にその時交わした内容について確認が有ったときは???ひかえた手帳を随分前まで探すこともしばしば

それでいてたまにおやじギャグが飛び出したり、チャーミングな部分も持ち合わせた人です

本当にダイナミックでパワフルな人
こんな人にこれからの日本を委ねたいと思わせる温もりのある人です


******

「もうちょっと態度変えた方がええんちゃうやろか…」と思うほど人によって変わらない態度、表裏の無さ、気取らない、自然体、パワフル、チャーミング……

北神さんと直接お話されたことのある方は、ここで語られている北神さんを表す言葉に、「うんうん、ほんまにそうやねん」と頷かれるのではないでしょうか?

Hさん、本当にありがとうございました!

今後も、「北神さんってこんな人」エピソードを入手次第更新していきたいと思います!

気長にお待ちくだされば幸いです

田中

北神塾ページ、完成!


皆さん、今日から、北神圭朗公式ホームページが少し変わりました!

公式ページ、こちらからご覧ください

トップ画面はこんな感じですね。どこが変わったのかしら…?

北神塾バナー1

お、よく見ると……

北神塾バナー2

おおおー!!!

北神塾バナー3

北神塾の講義録ページが出来てるーーーー!!!

(そしてその下にちゃっかりインターンブログへのリンクバナーまで貼ってあるーーー!!!)

そしてこの「北神塾ページ」に入ってみると……

北神塾バナー4

おおおーーー!!!

講義録がたまっていっているーーーー!!

そう、以前お知らせしていた北神塾専用ページが完成したのです!!

これで、公式ホームページからいつでも北神さんが北神塾でお話しされたことが楽ちんに見られるのです!

(そしてインターンブログへのアクセスも簡単になる!しめしめ)

これで、一人でも多くの方に北神さんの考えていらっしゃることを見ていただけたらな~と思います。

あとは、このホームページへのアクセスをどう伸ばすか…!!!

皆さん、宣伝お願いいたします!(人頼み!!?)

うそです。いや、ちょっとホントです…。

ですが、まずこのインターンブログをご覧くださっている皆様、北神塾ページ、ぜひのぞいてみてくださいね

タナカ

事件は現場で起きている


夏ですね~…毎日暑いですね~…

(今日は今のところ湿度がそんなに高くなく、過ごしやすいのでありがたいです

私はエアコンがそんなに好きではなく、動かずにじーっとぼーっとしていられるのであれば、夏でもエアコンはそんなにつけないのですが、パソコンを使うとなると別です。

パソコンを使って作業をしなければならない時は、〈空気の暑さ×パソコンの熱の暑さ×集中しなければならない環境を作らねばならない〉という掛け算の結果、〈エアコン、付けるか…〉という答えがはじき出されます。

北神事務所でも、それは然り。「文明さん、ありがとう。地球さん、ごめんね」と言いながら、エアコンを付けさせてもらっています。

ただ!!

見てください、この写真。

エアコン位置

…何のことか分からないって?ですよね。下の写真をご覧ください。

エアコン位置矢印ver

そうなんです!

私のデスク(うふ、デスクとか言っちゃった♪)が、エアコンの真下なんです!!ですので、冷風が直撃するのです…。

私の机と、チバさんの机とでは、体感温度が全然違うのではないでしょうか…というくらい涼しいんです、ココ。

なので、椅子にかけているブランケットが、夏でも手放せません。

…なんか、しょーもないですよね…自分達で人工的に作り出してる熱のせいで暑くなってエアコン付けて、それでまた地球を暑く、熱くさせてるって…は~ぁ。ほんまごめんなさい、地球さん…

と、落ち込んでしまわず、自分に出来ることを考えてしていかないといけませんね!

エアコン使わせてもらう分、テレビつけっぱなしにしいひんとか、電気はこまめに消すとか、心がけたいと思います。

(今日はまだ涼しいので今のところエアコン付けずに済んでますが♪)

以上、北神圭朗事務所より、インターン田中がお送りいたしました!

タナカ

祇園祭


今日も朝からあっついですねー!

そんな今日、8月17日は、祇園祭、山鉾巡行の日です!

私、恥ずかしながらこれまで巡行を生で見たことはないのですが(そして今年も見ずに終わった)、毎年宵宵山くらいにちらりと遊びに行きます。

先日も行ってまいりました。

祇園祭

長刀鉾ですね~。

先日は、祇園祭を目的に遊びに行く、というより、街中に遊びに出たらたまたまその日が祇園祭だったというだけの話なのですが(というか毎年そうかも…)、友人と待ち合わせる居酒屋が「長刀鉾町」にあるお店だったので、鉾が立っていたおかげで迷わずに済んだという、珍しく祇園祭の恩恵にあずかりました。

でもね、祇園祭といえばね、人・、人のオンパレードですよ。

四条通をずずーっと走って来るバスに乗って毎日学校に通っていた私は、祇園祭の期間が敵でした(今もそんなに味方ではない)。

ですが、京都の大事な文化であるお祭りを、大事にしなくてはなりませんね…。

「今日巡行か~、見られへんかったわ~」と嘆き悲しんでおられる方には、朗報です!

今年から後祭が復活したため、24日にも巡行があるのです

前祭よりは巡行する鉾の数も減ってしまいますが、いかがでしょうか



…そうやった、私は京都市観光協会の人間なんちごて、北神圭朗事務所のインターンなんやった…!!!

今日の記事こそ北神さんとどんな関連があんねん!?と思ってしまう内容ですが…実は、「朗報」の「朗」は「圭朗」の「朗」なんですよ

…そこだけかーーーい!!

すみませんでは、これにて御免!

田中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。