FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人物教育って?


一昨日(4月21日)のブログで、「人物教育を主なテーマにした勉強会」での感想をアップしました。

ところで、北神さんの思われる「人物教育」とはどんな教育なのでしょうか?まず、北神さんの公式ホームページには、このようにあります。

人物教育公式HP線入り


「人物教育」ではなく、「伝記教育」とされていますが、ほぼ同じことかな?と思います。

先日の勉強会では、北神さんが伝記教育(人物教育)の重要性についても説明されていました。続いては、メモを基に、私なりにその時のお話を簡単に整理したいと思います。

①庶民に力があることが、日本の強さである
②庶民が力を持つには、教育(学ぶこと)が大切である
③「まなぶ」ことは「まねぶ(=真似をする)」ことから始まる
 (「まなぶ」という語は「まねぶ」という語から来ている)
④「まねぶ」には、「憧れる」ことが重要である
⑤「憧れ」を生むのが、伝記教育(人物教育)である


(※あくまでも、北神さんのお話を基に私が整理した情報です。ご了承ください。)

この①~⑤までの流れと、先に言及した公式HPでの記述を総合して私の言葉で言ってみると、「子どもたちの意欲や夢をかきたてるほどの「憧れ」の気持ちと出会う場を設ける」のが伝記教育(人物教育)なのかな?と思います。

(※これもあくまでも、北神さんの発言から私が推測した内容ですので、北神さんが思われているものと異なる点があるかもしれません。ご了承ください。)

「憧れる」という言葉は、古語「あくがる」から来ています。「あくがる」という言葉は、「魂が身体から抜け出てさまよう、上の空になる」といった意味で用いられていました。現代の「憧れる」にそのような意味はありませんが、その意味から現代語での「憧れる」という意味に変化したということは、両現象には何らかの共通性があるのだろうと思います。

猛烈な「憧れ」は、「あくがる」現象が起きてしまうくらい、それくらい引力を持った存在に出会うことなのかもしれないな~、そんな「憧れ」の気持ちを持てたら、すごいパワーが生まれそうだな~…などなど、脱線しつつもいろいろなことを考えてしまいます。

そんな「伝記教育(人物教育)」、受けてみたいですよね!?

田中
スポンサーサイト

印象に残った北神さんの言葉


先日、北神さんの支援者の方が企画してくださった人物教育を主なテーマにした勉強会に、不肖タナカも寄せていただきました。

(その日の公式サイトの「北神日記」も合わせてご覧ください)

北神さんが年来説いておられる、人物教育の重要性についてのお話や、具体的な古人を挙げての、人物教育の例となるようなお話がありました。
予定していた内容が終了しても、その後も多くの方が残って時事問題などについての意見を交わされていました。

そこで私が「おお、なるほど!」と改めて思った北神さんの言葉がありました。
それは、「政治は「優先」なんです」という言葉でした。優先すべきことを優先して行うのが政治であると。
(簡単なメモしか取っていないので、北神さんが発せられた言葉と一字一句同じではありません。ご了承ください。)

「私は、自分の信念よりも、今の日本の国民を守ることの方が大事。それが私の「優先」です」

というようなことをおっしゃっていたのが、とても印象に残りました。

私は普段ずっと事務所におり、北神さんと行動を共にすることはほとんどありません。
ですが、このようにお話をたまにでも聞いていると、毎回はっとさせられる言葉に出会います。

そんな機会をより多くの皆さんと持つためにも…
5月9日(金)の北神塾、ぜひお申し込みください
※お申込先→北神圭朗事務所(電話:075-315-3487)

(「結局宣伝かい!!」というお叱りのお言葉は受け付けません、あしからず…)

タナカ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。