FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北神圭朗ってどんな人?③


「北神圭朗ってどんな人?」コーナー、第3弾。

では北神圭朗の簡単な紹介
では18歳まで育った環境
…についてご紹介いたしました。

18歳まで、アメリカで育った北神圭朗氏。

ご両親は日本人なうえ、家庭内では日本語を使っていたものの、それ以外の日常の時間を過ごすのは、やはり「アメリカ」という国の文化の中。

そういったことから、日本人がなかなか持ちえない真の「国際感覚」を持った方だと感じておるインターンでございます。

(真の国際感覚など私も持ってませんし、それがどんな定義なのかも言葉では説明しづらいですし、日本人全員が国際感覚を持っていないといけないとは私は思いません。が、政治家として世界の強者たちと渡り合わなければいけない方には持っていてほしいな…と…!(偉そう!))

それを物語る発言だなと私が強く感じるのが、このお言葉。

「『どっちもどっち』は神様の立場です。国際社会では、どちらかの立場に立たないと、責任ある発言にならない」

出会い場5


この言葉は、北神塾第1講(講義録p.10)でもお話があった、湾岸戦争での連合軍によるイラク攻撃を受けて、日本の識者や世論が「先にクェートを侵略したイラク側も悪いけど、それに対してイラクを攻撃したアメリカ側も悪い。どっちもどっちやねぇ」となっていた風潮に対して、北神さんが感じられたことです。

日本の身内だけであれば「どっちもどっち」で済むものの、国際社会ではそれは「他人事」だと思っている表れであり、「無責任」でしかない。

(その善し悪しは別問題で、今の国際社会ではそうなっているのだから、そのルール下で渡り合っている世界の国々と同じ土俵に乗らなくてはいけない、ということは、同じ様にそのルールで物事を判断しないといけないということかな…と思います。田中は。)

では、本日はこのくらいで…。

田中
スポンサーサイト

北神圭朗ってどんな人?②


前衆議院議員 北神圭朗(きたがみ けいろう)がどんな人なのかをご紹介する、このブログ(の、このコーナー)。

①はこちらへ北神圭朗ってどんな人?①

北神圭朗

わんちゃん抱っこの北神さん

(わんちゃんを抱っこしている写真でかわいさ(?)をアピールする姑息なインターン。でも写っているわんちゃんが北神さんに抱っこされているのがめっちゃ嫌そうで可愛い…)

前回の記事でもお伝えしたように、北神さんは、18歳までアメリカで育たれました

アメリカに住んでいても家庭内ではずっと日本語だったそうで、平日は現地のふつうの学校に通い、土曜日だけ日本語学校に通っていらしたそうです。その生活が、小学校1年生~高校3年生まで続いたとのこと。

「アメリカの学校では優等生で、日本語学校では劣等生だった。優等生と劣等生を、同時に経験していた」と言う、北神さん。

その後、大学進学を機に日本に帰ってこられます。

続きは③にて

タナカ

北神圭朗ってどんな人?①


今日から新シリーズを始めたいと思います。
「今!?」とお思いになったあなた、そう、「今」だからこそ!です。

そのシリーズの名は、「北神圭朗ってどんな人?」

これまで各記事の中で断片的に北神さんのお考えやこれまでの人生について触れたことはあったのですが、それをまとめていきたいと思います。

北神圭朗 (きたがみ けいろう)

北神さんバスト上


昭和42年2月1日生まれ 現在47歳

生後9ヶ月で、お父様の事業によりアメリカに渡り、その後18歳までアメリカはロサンゼルスで育ったそうです。(その時のいろいろなお話がまた面白くて面白くて…またご紹介いたします。)

趣味
音楽鑑賞・読書(歴史・文学 ) 
愛読書は『坂之上の雲』 司馬遼太郎
→北神さんが学生時代に愛読していた本は『神皇正統記』だそうです。

詳しくは過去のこちらの記事をご覧ください。

好物
焼き肉・妻がつくるパスタ
→北神さんは、たっくさん召しあがります。ジャンクフードもお好きだそうです。


…今日はこんなところで。

このブログをご覧になっている方はもうご存知のことばかりでしょうが、しばらくお付き合いいただけると幸いです。

そして!

このブログをご覧になってくださっている方で、Facebookを利用されている方に、お願いがあります。

このブログの記事を、皆さんのFacebookアカウントで「シェア」していただけないでしょうか?

下の「シェア」というボタンを押していただければ、皆様のFacebook上のお友達に、このブログにアクセスできるURLをご紹介できる仕組みになっております。

一人でも、北神さんのことをご存知ない方に知っていただくために、ぜひ、ぜひ、お願いいたします!!

田中

北神さんってこんな人②


本日は、久々の「北神さんってこんな人」コーナーでございます。

「え、そんなコーナーあったっけ…?」とお思いのそこのあなた!

…正しいです。

6月に一度「北神さんってこんな人①」を更新して以来、一度も更新が無かったコーナーなので、そう思われても仕方ありません。

ですが、ありがたいことにこのコーナーの存在を覚えていてくださり、なおかつ「北神さんってこんな人」エピソードを語ってくださるお優しい方がいらっしゃったので、今日は満を持して第2回、「北神さんってこんな人」をお届けしたいと思います

本日は、北神事務所元スタッフのHさん(男性)からいただいた、「北神さんってこんな人」です。

******

議員になった後、常にスタッフとして真近でみてましたが

兎に角全く表裏のない人ですね

地元の行事で北神さんを良く見かける方から「いつも私らには(北神さんが)腰が低く優しいけどホンマはどうなん?」と尋ねられましたけど
人によって態度を変えることは一切なく、正直我々スタッフにも全く変わらないですね

中々すべての方とお話していただけ無いかも知れませんが一度ゆっくり話をして頂くと彼の人柄が伝わると思います

本当に常に自然体で気取らない人
勿論そばで見ていて、やっぱり凄い能力の持ち主だと感心するところは多々有りますが・・・

例えばとんでもない記憶力で、一度お会いした方の名前や話の内容は全てメモを取らずに記憶する
後にその時交わした内容について確認が有ったときは???ひかえた手帳を随分前まで探すこともしばしば

それでいてたまにおやじギャグが飛び出したり、チャーミングな部分も持ち合わせた人です

本当にダイナミックでパワフルな人
こんな人にこれからの日本を委ねたいと思わせる温もりのある人です


******

「もうちょっと態度変えた方がええんちゃうやろか…」と思うほど人によって変わらない態度、表裏の無さ、気取らない、自然体、パワフル、チャーミング……

北神さんと直接お話されたことのある方は、ここで語られている北神さんを表す言葉に、「うんうん、ほんまにそうやねん」と頷かれるのではないでしょうか?

Hさん、本当にありがとうございました!

今後も、「北神さんってこんな人」エピソードを入手次第更新していきたいと思います!

気長にお待ちくだされば幸いです

田中

北神さんってこんな人①


本日は北神塾第2講の開講日です。
どんなお話が聞けるのか、私も楽しみです。

さて!
本日から、新企画をスタートしたいと思います。

その名も、「北神さんってこんな人」

北神さんを見てきた(見ている)人達…例えば、支援者の皆様、元スタッフの方、現スタッフ等から、「私から見た北神さんはこんな人!」、「北神さんのココが魅力!」、「北神さんのここが尊敬できる!」といったことを伺い、紹介していこうというコーナーです。

(コーナーの説明がいらんくらい安直な分かりやすいネーミングですね!)

第1回の本日は、亀岡市にお住まいの40代女性、Tさんからの「北神さんってこんな人」です。

******

とにかく、おおらか。

立候補をした頃やかつては、随分と心ない言葉をあびせられたり罵倒されたり意地悪されたりしたこともあったようですが(いまは?)、次の瞬間には忘れて、笑いながら前を見ているイメージがあります。

傷ついていないのかな?といつも不思議でした。けっして誰の悪口も愚痴もいわないしなぁ。そこのとこ、すごい。絶対的な安定感に対してはいつも尊敬しています。

これは、やっぱり北神さんには日本の代表として世界に出て仕事をしてほしい、と思う理由のひとつです。

でも、北神さんのかわりに傷ついて悲しんでくれる奥さんの存在が大きいのかも。。。

******

この40代女性のTさんは、北神さんが立候補された当初からご存知だそうです。

北神さんをよくご存知の皆さまも、この内容に「そうそう、そうやねん、北神さんってそうやねん!」と思われたことと思います。

本当に、「北神さんに日本の代表として世界に出てもらわなどうすんねん、誰が他にいんねん…!!」と思います。

でも、心はホットに、頭と行動はクールに。その熱い思いを持ち続け、そのためにはどうしたらいいのかをクールに考え、行動していかなければならないなと思います。

この「北神さんってこんな人」コーナーは、引き続きいろいろな方からのメッセージを更新していく予定です。

このブログをご覧の皆さまのもとにも、メッセージ執筆をお願いすることがあるやも…。その際はよろしくお願いいたします♪

タナカ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。